マザーシップの社長、緑さんが日々の出来事を語っています。


by blog889
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

安全作文を朗読~上手に読めました♪

今日は、有田地方学校安全教育研究会などが募集した
「安全に関する作文・図画・ポスター」コンクールの
作文部門で
優秀賞(特選)に選ばれた3人の児童生徒さんをお迎えしました。

f0047509_22472472.jpg


お迎えしたのは、

有田川町修理川小学校1年生 河村優矢(かわむらゆうや)くん。(右)
有田市文成中学校2年生 生馬知季(いこまともき)くん。(中)
有田川町八幡中学校2年生 前嶋悠梨亜(まえしまゆりあ)さん。(左)

3人ともラジオで作文を読むのは初めてのこと。
優矢くんには、お母さんと先生が。
知季くんには、お母さんと教頭先生といつもお世話をしてくださる小畑さんが。
悠梨亜さんには、お父さんと仲良しの4年生の妹さんが。
それぞれ付き添いで来られ、とっても賑やかでした。

まずは、優矢くんが作文を読んでくれました。
f0047509_2248577.jpg
「こわかったよ」と題した作文は、
学校での防犯訓練について。
「避難訓練だと思ったら、不審者(になった人)が入ってきてこわかった」と
1年生ならではの素直な気持が表現されていました。
大きな声でハキハキと元気よく読んでくれました。


次に知季くんが「車椅子で通学して気づいたこと」と題した作文を披露。
f0047509_22482843.jpg
車椅子だからこそ気づく細やかな視線が、
的確に、思いやりのある文章で綴られていました。
知希くんも、一文一文しっかりと丁寧に読んでくれました。


f0047509_22484717.jpg
最後に作文を読んだ悠梨亜さんは、「私にとっての交通ルール」と題し、
お兄さんの事故体験を踏まえ、自分自身の反省と
交通事故防止への思いをしっかりとした文章で書いていました。
悠梨亜さんは、とっても落ち着いた声でお姉さんらしく読んでくれました。


3人とも学校生活はとっても充実しているようですよ。
1年生の優矢くんは、図工が大好き。紙粘土で作った緑色の鬼のお面。
上手に出来たそうですよ~。

知季くんは、美術部で頑張っているそうです。
特に、紙粘土で創作するのが好きだそうで、(偶然にも優矢くんと同じ)
上手に出来たのは、本物そっくりのケーキ!
ポスターなどでも賞をいただいたことがあるとか。
将来は歯科技工士さんになりたいと力強くおっしゃっていました。
夢に向かってまっすぐ進んでくださいね。

悠梨亜さんは、テニス部で毎日夕方までがんばっているそうです。
17日にも試合があるとか。
目標はベスト16に入りたい!!っておっしゃってました。
きっと大丈夫。頑張ってくださいね~。

学校生活でも「安全」が叫ばれる現在。
「安全」をつくりだすのは、児童生徒一人一人の意識なのかもしれませんね。

f0047509_22491093.jpg


今日は、みんなどうもありがとう~♪
みんなそれぞれ、上手に読めたし、ハキハキとお話できました。

最後に、付き添いの先生や保護者の皆さんも加わって記念撮影!!
ネットTVやラジオで応援してくださった皆さんもありがとうございました。

(写真の上でクリックすると、大きくなります)
by blog889 | 2007-02-09 22:58